妊娠して、がんらい貧

妊娠して、がんらい貧血気味だったのが、一段と顕著に
顕れるようになってしまいました。妊娠するって赤子
に養分を送るために、沢山の血が必要になります。
ただし、血に含まれる鉄分が足りないといったただの
ない血になってしまうのです。

病院で貧血用の鉄剤を処方されました。これは
飲むと慣れるまで機嫌が悪くなるのが副作用で
とある薬で、つわりなのか、副作用なのか思い付か
ような気持ちの悪さが続きました。

も、1か月ほど投薬を続けると機嫌悪さが
軽減していうので、それはいよいよ薬の副作用
だったようです。

食事の発展もいわれましたが、いったん、
貧血と診療受けるほどになってしまうと、薬を
飲んで一気に改善するしか、秘訣はないそうです。

薬を呑みつつ、並行して食事の発展を行ない、
鉄分の値が回復した先に備えるようにと指摘され
ました。

受胎したことによって、薬を飲むほどに貧血に
なってしまうとは思っていませんでした。それでも、
お産という大催し物に臨むのに、貧血のまま
でいるのは危険悲劇だと言われ、敢然と
薬を服用することを勧められました。飲む日焼け止めならこれ